中断有RTA_4

さて,自分でプレイしつつ中断ポイントを考えてましたが,
以前書いた7か所で特に問題はなさそうだったのであれでいこうかと思います.

ということで,そろそろ中断有RTAのルールのまとめに入りたいと思ってます.
実は記録集自体は先週末には完成しています.後は中断有のルールだけだったり.笑
これで特に問題がなさそうだったら今週末には公開したいなと思ってます.
また長いので続きから.
大前提として,エミュレーターでの記録は取り扱いません.
PS,PS2,PS3など正規の機器でお願いします.

ルール1:ストーリーを壊すバグ技を禁止とします.

現在わかっているものとしては,『プロビナ飛ばし』が挙げられます.
今後,このようなストーリーを破壊する恐れがある技が発見された場合,
基本的には禁止という方向性で行きたいと考えています.



ルール2:以下の区間で『必ず』セーブして中断してください.(続けてプレイする場合でも,一度電源を入れなおす)

まず『電源を入れなおす』とは,PS2ないしはPS3の場合はリセットボタンを長押しし,
一度スタンバイ(ランプが赤)状態に戻してから再度スタートすることと考えております.
PSでプレイする場合は,一度電源を落としてから再度プレイを開始してください.

連続で時間が取れる人,取れない人の間で差がついてしまうのは中断有RTAの特性上好ましくないと思います.
特に,PS2の場合はリセットボタンを押すだけだと,高速モードの設定が解除されません.
『時間』という概念で平等に競い合えるものであるべきだと思いますので,よろしくお願いします.

中断ポイントは以下の7か所になります.

中断ポイント1:ガボ加入直後の謎の神殿
中断ポイント2:カシム&フーラル加入直後の山肌の集落
中断ポイント3:過去砂漠の族長死亡後,ナイラの川辺に自動的に移動した後すぐ
中断ポイント4:グラコス撃破後,現代に戻る際にアボンへの洞窟の前にある教会
中断ポイント5:アイラ加入直後,ダーマ神殿
中断ポイント6:Disc1終了時
中断ポイント7:四精霊復活直後,グランエスタード

これらの中断ポイントの選定基準は,1区間ごとに要する時間が2~4時間程度となることの他,以下に重点を置きました.
・通常のRTAでも多くのプレイヤーがセーブするであろうポイントを選択(1,2,6)
・フリーズ,カーソル消失バグの対策(1のフォロッド前,3の砂漠ムービー前,5のカーソル消失バグ)
・グラコス撃破~アイラ加入までは攻略順に自由度があり,戦術に幅が生まれる可能性を考慮しグラコス撃破後を中断ポイントとして選択

なお,5のセーブポイントとしてダーマ神殿を選んだ理由は,『教会が非常に近い』という理由からです.



ルール3:タイム測定に関しては,それぞれの区間ごとに電源投入~電源切のタイミングで測定してください.

最後の区間に関しては,電源投入~The End時の羽ペン消失のタイミングとなりますね.
記録報告の際には,それぞれの区間タイムとその合計を報告してください.

タイムの測定に関しては,ストップウォッチや電波時計など,正確性が信用できるものならば何でも構いません.
パソコンでダウンロードしたツールで測定する場合,脳内ログさんで配布されているSWfTAを推奨します.



ルール4:中断ポイントから再開した後にリセットをした場合でも,タイムの測定はそのまま続けてください.

中断ポイントから再開し,何か事故が起きて中断ポイントからやり直すのはプレイヤーの自由です.
ただし,中断ポイントからやり直すからと言ってタイムの測定をやり直すことは禁止とします.
途中でうまくいかなかったからタイムの測定をやり直してしまうと,RTAでなくなってしまいます.それはTA(タイムアタック)です.
中断有『RTA』ですので,基本的にはRTAに準じた内容でないと意味が薄れてしまいますのでよろしくお願いします.

ただし,例外として,プレイ中に不可抗力でフリーズしてしまった場合はタイムの測定を含むやり直しをOKとします.
意図的にフリーズさせるような方は恐らくいないだろうと僕は考えておりますので,基本的に自己申告とします.



ルール5:中断している間に,ドラゴンクエスト7のDiscを通常版とBest版を入れ替えることは禁止します.

まずは背景から説明します.
ドラクエ7は非常にフリーズがしやすいことで有名ですが,これは後に発売されたBest版では改善が施されています.
しかし,Best版では過去砂漠にてイベントが追加されており,約2分ほどのロスを強いられます.
中断有RTAでは,このロスが発生する区間だけを通常版Discと入れ替えることで,そのロスを回避することができてしまいます.

これは,通常のRTAではタイムを測定した状態でセーブ&リセットを行わないとできない行為です.
これを測定時間外に行ってしまうことは,通常のRTAでは再現できないこととなりますので禁止します.



とりあえずこんな感じですね.もう少し文章の推敲をする必要がある気もするが.
何かあれば今のうちにお願いします.

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お久しぶりです、プリンです。
かなり充実したやり込みライフを満喫されていますね…脱帽です。
19時間にも渡る長丁場のRTA、大変お疲れ様でした。

治療中なので後で…と思ったのですが、早めに書かないと手遅れになりそうと思い、書き込ませて頂きます。
もし、私の理解違いな部分等ありましたら、お手を煩わせまして大変申し訳ありません。

まず最初に、書きたい事の結論から書きます。
中断ありRTAですが、
『一度中断して休憩する毎に+α分(または、通しでやられる方は中断を飛ばしても構わない)』
とした方がいいと思いますよ。

これは私の経験ですが、2008年の右弐さん主催のDQ5RTA大会においてタイムオーバーでリタイアとなった経験を持ちますが、
これは私がパート練習しかしていなかった事が起因しています。
練習の区間記録を足すと大丈夫だったのですが、『実際に大会会場で、しかも通しでやるとなると話は別』といったものでした。

このように、人間には集中力、体力、精神力など心身のコンディションがあるので、『区間で分けてしまうと、分けただけ記録は良くなる』ものと考えています。
また、もしこれを採用されれば、右弐さんが警戒されている『通しRTAから離れる危険性』も回避出来ると思われます。
セーブ時間の若干とは言え、『通しRTA』が優遇されるわけですから。

…と、意見及びその理由を書いてみましたが、これはあくまで私の意見です。
まとめ直すと、『通しRTAの方が凄いやり込みであるが故に、セーブ&リセット省略分など若干の優遇があってもいいのではないか』という事です。
くねおさんの記録集、そしてやり込みに少しでも参考になれば、と思い、手遅れになる前に書き込ませて頂きました。

それでは、失礼致します。
もし、お返事等の反応が遅くなりましたら大変申し訳ありません。
影ながら、応援させて頂きます。頑張って下さい!

どもども.コメントありがとうございます.

まず最初に大前提としてですが,通常のRTAと中断有RTAの記録は別枠で取り扱っていくつもりです.

通しRTAの方が凄いやり込みであるが故に、セーブ&リセット省略分など若干の優遇があってもいいのではないか

とありますが,通常のRTAと中断有RTAとで優劣を競う,というのは少し違うように思います.
もちろん互いに比較対象や目標となって欲しいですけれどもね.
中断有RTAをきっかけとして,DQ7RTAをやってみようかな,という人が増えるといいなあというのが一番の目的であります.

また,一度中断して休憩する毎に+α分(または、通しでやられる方は中断を飛ばしても構わない)

とありますが,中断有RTAのコンセプトとして,『まとまった時間が取れない人でもDQ7RTAを楽しめるようなルール』であるべきだと考えていますので,
時間という概念で平等になるようなルールにしたいと思っています.
ですので,今回提案させていただいているルールとして,各区間ごとに中断を必須にすべきかなという結論に至りました.

ただ,仰るようにできるだけ中断しないでプレイした記録を評価すべき,というのはその通りだと思います.
そのことは念頭に入れておくべきかなと改めて感じました.
襷カウンター
Ustream Cheaker


プロフィール

くねお

Author:くねお
詳細はHPの自己紹介を参照。
ちなみにTOPページはこちら
過去の日記はこちら
ついったーはこちら

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ