スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中断有RTA

中断有RTAってなんかいいネーミングはないですかね?
NRTAは別にノーリセットじゃないからおかしいことに今さらながら気づいた.



中断ポイントについて考えてみた.とりあえず草案.

中断ポイント1:ガボ加入直後の謎の神殿
中断ポイント2:カシム&フーラル加入直後の山肌の集落
中断ポイント3:過去砂漠の族長死亡後,ナイラの川辺に自動的に移動した後すぐ
中断ポイント4:メルビン加入直後,ダーマ神殿
中断ポイント5:アイラ加入直後,ダーマ神殿
中断ポイント6:Disc1終了時
中断ポイント7:四精霊復活直後,グランエスタード

これらの中断ポイントの選定基準は,1区間ごとに要する時間が2~4時間程度となることの他,以下に重点を置きました.
・多くのプレイヤーがセーブするであろうポイントを選択(1,2,6)
・フリーズ,カーソル消失バグの対策(1のフォロッド前,3の砂漠ムービー前,5のカーソル消失バグ)
・メルビン加入~アイラ加入までは戦術に幅が生まれるため,メルビン加入直後を中断ポイントとして選択

なお,4,5のセーブポイントとしてダーマ神殿を選んだ理由は,以下の2点からになります.
・教会が非常に近い
・戦術上このタイミングで転職する可能性があるプレイヤーがいるかもしれない

フリーズポイントを考えると,コスタールの回想イベント後にセーブを入れてもいいかもしれないが,
あんまり細かくしすぎても鬱陶しくなるだけだと思うのでやめておいた.
逆にDisc2を中断なしってのも有りだと思うけど,ここで稼ぎがある人はつらいだろうから
四精霊復活のタイミングで入れてみた.

でも一番微妙なのは1で,デスマシーン前にするとフォロッドのフリーズが怖いし,
フォロッドのデスマシーン前にするとちょっと長いし,なんとも微妙な感じ.

とりあえず一度これで僕自身がプレイしてみてなんかあれば修正していこうかな?
少なくとも最初にルールを決めた後にそれを変更するってのはまずいので,
それなりに練っておかないとならない.何かあれば今のうちにお願いします.



アンケート
に協力してくださった方,ありがとうございます.
現在ストップウォッチ10票,電波時計3票,PCのツール7票ということらしいです.

実は大体僕の予想通りな結果です.複数が1人もいなかったのは想定外でしたがw
PCのツールはSWfTAがいい,とのこと.なるほどなるほど.
僕もダウンロードして2台のパソコンで2時間ほど測ってみましたが,どちらも誤差は見られませんでした.

キャプボから取り込みつつ録画しつつという状況で十数時間かかるRTAをプレイしたことがありますが、ずれが1秒もなかったです。

というコメントからも,正確性は高いことが伺えます.
個人の環境による誤差は多少なりともあるのでしょうけれども,大きく問題はないように思えます.
現状での使用者が多いことも踏まえると,どちらでも可,という方向が良さそうですね.
ストップウォッチ持ってなければ用意してください,なんて言いたくないですしね.笑

どうもご協力ありがとうございました.もうしばらく置いておくので興味があればどうぞ.

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

僕は少し前のレスにあったように、中断ポイントを町を出た(入った)瞬間にしておいて、タイマーを止めた後に教会でセーブし中断、またはじめるときは同じ町から出た瞬間にタイマーを動かす、という方法がいいように思えます

理由としては、くねおさんが提唱されてる方法だと中断ありRTA同士では比較できても、RTAとの比較がしづらいのではないかという点です。
確かに両者は別の記録として扱うべきものですが、比較が出来ればお互いに参考になるのではないかと思うのですがどうでしょうか

もう1つの理由は、中断ポイントと計測ポイントを同じ箇所にしなくてもいいという点です。
これによって従来のRTAと同じ場所でラップタイムをとればいいことになって、更に比較がしやすくなるのではないでしょうか。

この方法であれば他者との比較のしやすさを損なわず、中断ポイントも任意にすることが出来てハードルも下がるのではないかと思うのですがどうでしょう

もちろん、移民集めの間は中断してはいけないとか、タイマーが止まっている間にソフトを通常版⇔BEST版と入れ替えてはいけないとか細かい規則は必要かもしれません

 自分も名無しさんと同じく「中断ポイントは町を出た(入った)瞬間等にして、同時にタイマーを止めてからセーブ&中断して、リスタート時はタイマーを止めた場所まで戻してからプレイ&計測を再開する。」と言う方法のほうが良いかなと思います。

 「本当は通しで最後までやりたいけど、一気にやるのは厳しいので仕方なく時間を分けてプレイした記録を採用する。」って言うのが今回の中断有りRTAのコンセプトだと自分は思ってるので、できるだけノンストップのRTAに近い形で中断、計測が出来る条件の方が良いのではと思います。

 中断毎に余分なセーブ+電源投入の時間を計測してしまうと、中断無しRTAと比べ余分な時間が加算されてしまう為、通常RTAと比較しにくくなると思います。もちろん記録は別物として扱う必要はあると思いますが。
 あと、もう少し細かいことを言うと、ハード毎(型番毎)に起動時間は異なると思いますので、中断の度にこの時間の差が利いて来るのは望ましくないと思います。


 「予め中断ポイントを設定しておく」と言うことに関しては賛成です。任意に中断ポイントを指定出来るようにしてしまうと、プレイヤー毎に中断ポイントが出来てしまい、記録をまとめる際に不都合ではないかと思いますので。

 しかし、「中断ポイント毎に必ず中断する」と言うのは少し無駄な気がします。
人によってRTAに挑戦できる時間には違いがあると思うので、例えば10時間ずつ2回に分けたいって人がいれば、10時間の区切り以外の途中の中断はする必要が無い中断になってしまいます。

そこで、一つ提案があるのですが、
・中断してもいいポイントは予め決めておく。
・そのポイントで中断するかどうかをプレイヤーで任意で決められる。
と言うのはいかがでしょう?
 この方法であれば、プレイヤーは自分の都合のいいプレイ時間で中断できると思います。中断回数が少なければ中断無しのRTAにより近い記録として見る事が出来るのではないでしょうか。
中断ポイントは決められている為、記録データを纏める時にも不都合は無いかなと思います。
名無しさんの方法でタイムを計測するなら、中断をするかしないかの選択によるタイムの差も無くせると思います。

 問題は都合のいい中断ポイントがあるかどうかですかね。「石版を集めて新たな町に到着した時」等、どの戦略でも同じになるようなタイミングがいいかと思いますが、その町に入ってセーブするまでに会話やイベントが入るとNGだと思いますし、町についてすぐセーブが出来ないかも知れません。この辺のイベントやセーブポイントについては自分は全然把握できてないのでなんとも・・・。

 もう一つの問題はフリーズ救済に関してですかね。多く中断した方が明らかにフリーズ対策になりますよね。よりノンストップのRTAに近づけるかフリーズを嫌って中断セーブをするかはプレイヤー各々に任せるのが無難かなとは思いますけど・・。


以上。長々と読みにくい文をたらたら書いてしまいましたが、参考にしていただければ幸いです。

PS
思いっきり釣られて7のRTA始めました。
7に関しては素人もいいとこなので、7に無知なやつが7のRTAをやろうとするとコウナルって言う人柱にでもなれればいいかなと思いますww
そんな餌でこの俺がクマー(AA自重

色々盛り上がっていますね。がんばってください>くねおさん

中断ポイントについて、「プレイ状況を同一に見える状態に戻して計測を再開すればよい」という主旨の意見が出ているようですが、セーブ&ロードしている時点で、「同一状況」を再現できていると考えないほうが良いと思います。
内部の乱数等の状態が変わるからです。

極端に言えば、セーブ&ロードしたほうが乱数調整の効果で早くなることもあります。
よって、セーブ&ロードで同一に「見える」状態から計測を再開できるのなら、おそらく洗練された中断ありRTAは、通常RTAよりも早くなります。乱数調整技で劇的に早くなるものがないとしてもです。
仮に1分程度早くなる乱数調整技があるとしたとき、これは通常RTAではセーブ&リセットのほうが1分以上かかるため、採用が見送られますが、中断ありRTAが「同一に見える状況から再計測」というルールでは、やったほうが早くなるわけで、洗練すればするほどRTAと戦略が別物になるでしょう。

「電源投入~電源切る」の区間をすべて足したタイムは、「セーブ&リセットにより区間に分けたプレイ」を連続で行った場合に出せるタイム、つまりRTAとして再現可能なタイムとはいえます。だから先日のコメントでこちらのほうを提案したのですが、上手く意図が書けていなくて申し訳ないです。

同じに「見える」状況から測定再開したタイムは、実は通しのRTAでは再現できないプレイのタイムを計っていることになります。

PS2版のドラクエ5カジノ技が好例でしょうか。セーブ&リセットしなかったら1分早くなると思っている人はいないはずです。技ができないですから。1分捨てても乱数調整の有利さを選択しているわけです。
もし、PS2版ドラクエ5で中断ありRTAのルールが「同一に見える状態から再計測」だったら、通しRTA記録より、中断ありRTA記録のほうが早くなるでしょう。
そして、カジノ技の威力は、通しRTAで使うときよりも、中断ありRTAで使うときのほうがより強くなります。
技の威力が違うということは、戦略が変わる可能性があるということです。

こういう可能性を残したルールにすると、通しRTAからどんどん離れていってしまう危険性を残すことになると懸念しています。

>>名無しさん,GXさん,右弐さん

貴重なご意見ありがとうございます.
僕が思っている以上に色々な方に考えていただけているようで,非常にうれしい限りです.
思うところを記事にしましたので,よろしければご覧ください.
襷カウンター
Ustream Cheaker


プロフィール

くねお

Author:くねお
詳細はHPの自己紹介を参照。
ちなみにTOPページはこちら
過去の日記はこちら
ついったーはこちら

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。