スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題作成裏話 その5

今回は、hiroさんとあうさんのテストプレイの結果を受けて、問題の調整を行った箇所を挙げていきます。

【ちいさなメダルの枚数を105枚→106枚】

5枚残しておくと、ちょっと110枚が遠く感じられて「プラチナキング」が選択肢に入りづらくない?
というコメントを受けて、1枚追加しています。

実は、(まんまるボタン)を取り損ねているため、適当な移民の街を作って1枚増やすしかありませんでした。
別の調整項目として、熟練度稼ぎなどのさらなる効率化を可能とするために(オリハルコンのキバ)を入手しておきたかったため、一度グレイトファームを作成しています。ここで増えたアイテムは、(ちいさなメダル)(命のきのみ)。

【所持金を25000G→225G】

主人公がレベル1のため、「ルーラ」がありません。そのため、ゲームの開始場所は(キメラのつばさ)を購入できる天上の神殿としています。そのとき、(キメラのつばさ)に気づきやすくするための配慮です。但し、所持アイテムに(かぜのぼうし)があるため、罠でもあるのですが。
減った分のゴールドは、(オリハルコンのキバ)(ゴディアスのつるぎ)を袋に入れることで補っています。

【熟練度稼ぎを増やす】
有効な技が、1戦闘で「みがわり」が習得できる以降、38回の「ベホマラー」、40回の「アストロン」、45回の「どとうのひつじ」と間が抜けていたため、階段状にするためにいくつか技を増やすことに。

主人公:はなカワセミ☆7とし、20回で「いやしのうた」
マリベル:ぎんゆうしじん☆7とし、30回で「てんしのうたごえ」、わらわせしを☆6とし、20回で「ひゃくれつなめ」
ガボ:エビルタートルを☆5とし、25回で「バイキルト」
アイラ:せんし☆7とし、25回で「まじんぎり」、コスモファントム☆2とし、22回で「ムーンサルト」

ひたすら「メガンテ」+「つきとばし」です。タノシカッタナー

意図としては、下記。
いやしのうた:回復量は少ないものの、数多くの回復技を持ってる主人公に全体回復技を入れ、補助を手厚く。
てんしのうたごえ:メルビンのAIザオラルの代替手段。ただし、「ベホイミ」はないけどさてどうする、という形。
ひゃくれつなめ:第4形態で使うために習得するか、というところ。但し、「ルカニ」があるため微妙っちゃ微妙。
バイキルト:(オチェアーノのつるぎ)以外に「バイキルト」を持たせる手段。ガボの場合、素早さを気にしなくて良い。
まじんぎり:「きあいため+まじんのかなづち」に気づかなかった場合、(まじんのかなづち)との二刀流を選択肢に。
ムーンサルト:単体1.5倍なので、「きあいため+バイキルト」が乗ると強い。乗らないから罠ですがね!

こんなところでしょうか。
その他、裏話としては、
・当初は「ふなのり」や「かいぞく」にバギ耐性あるやん?と勘違いしていたけど、よく見たら準バギ耐性だったこと(津波を軽減)
・そもそもどれもこれも覚えられる技が微妙すぎて、ここの調整はとても頭を悩ませたのが本音です。もっといい調整があったような気がしてなりません。
・候補に挙がった技は他にもありますが、ネタつぶしとならないように書かないことにしておきます。

【せかいじゅのしずくを4つ→2つへ】

そもそも、何やってもボスには勝てる戦力はあるので、ベホマラーを習得するうま味がそこまで大きくありませんでした。(せかいじゅのしずく)を減らすことで、戦闘回数が多い人と少ない人の差を縮めることを意図しています。

【制限時間】
下記を元に、75分と定めました。

1.くねお自身がプレイをし、メタルキングを2匹すんなりと狩れたとき、多少安定をとって40分を超える程度でクリア
2.くねお自身がプレイをし、敢えて40回熟練度稼ぎ+メタルキング2匹のみ撃破とし、軽く安定をとって50分を切る程度でクリア
3.テストプレイヤーのお二人が、ドラクエ7は年単位で触っていない、事前の準備もそこまで多くない、という状態で、二人とも75分を少し超える程度だったため、本番のプレイヤーの実力であれば75分は切れると想定

実は80分か75分か迷っていたのですが、ボス戦の難易度自体は何をしても勝てるくらいには低いので、75分の方向に倒しました。結果論ですが、80分にしておけばけったさん、ラスカルさんはクリアしていたかと思いますので、失敗だったのかもしれません。

これくらいでしょうか。その他、テストプレイの段階で調整したことで種吟味について書き忘れていました。
種吟味は、戦闘中に使用して期待する値がでなければ(ときのすな)という方法をとっています。

・ちからのたね
ステータスや余ダメージを見て明らかに強いことに気づけるように、所持していた(ちからのたね)を全て+2で吟味してアイラに積んでいます。過剰な稼ぎはいらないよ、というメッセージでもありました。

・命のきのみ
プレイヤーごとのセンスが出るところだと思いますので、拾える25個すべてを袋に残しています。今回は、耐性防具がやたらと多く、「ノアのはこぶね」もあるため、警戒すべきは第3形態の叩きつけ、というイメージです。本番でそこまで考えが至るかは難しいところですが、とりあえず適当に積んでも何とかなる程度にはいっぱいにしてあります。

・ふしぎなきのみ
20個以上を残した状態で試してみたところ、MPが高すぎて(いのりのゆびわ)や「アストロン」が選択肢に入らないと感じたため、10個を残して投げ捨てています。あまり難易度には影響していない要素かと思います。

・まもりのたね
戦力が十分のため使うだけ時間の無駄ですが、ダメージ計算をしたい人用に残してあります。地味に、後日の縛りプレイをやるときに役立ちました。笑

・かしこさのたね
アイラがかしこさランキングを突破できるように調整するため、ラッキーパネルで数を増やした上で+3吟味をしています。

・うつくしそう
邪魔なので投げ捨てました。

---

調整についてはこんなところでしょうか。
問題作成裏話は以上です。最後に、大会当日を振り返っての反省などでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

襷カウンター
Ustream Cheaker


プロフィール

くねお

Author:くねお
詳細はHPの自己紹介を参照。
ちなみにTOPページはこちら
過去の日記はこちら
ついったーはこちら

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。