スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題作成裏話 その3

前回の続きで、データ作り中の低レベル進行のお話。

【グラコスはあんまり強くなかった】
(しゅくふくのつえ)があれば困ることはないですね。
そもそも防具が強いので、ブレスや津波の軽減がとても大きいです。

【メディルの使いがとてもめんどう(プレイヤーのせい)】
(さざなみのつるぎ)でマホカンタを貼っていれば負けることはないのですが、メルビン一人で挑んだため撃破までかなり時間がかかりました。
4人で戦闘に入って、メルビンの「マホカンタ+におうだち」でバギクロスを反射しつつ、最後に仲間を殺せばだいぶ早かったんでしょうけど、うっかり蘇生を忘れて戦闘に入ってしまったためにかなりめんどうでした。笑

【とても運ゲーなヘルバオム】
何が運ゲーなのか。 「あまいいき」で永眠することがあるからです。
基本的に、(ようせいのけん)による「スカラ」で守備力を高めて打撃をシャットアウトするわけですが、眠りが継続するターンによってはこれが切れてしまい、悲惨なことになります。
また、「もうどくのきり」も非常に厄介です。手持ちの(どくけしそう)は普通に足りなくなるくらいには猛毒になりました。確か戦闘中にターン経過で解除されてしまうけど、メルビンを毒状態にしてから挑めばもっと楽だったのかな。
正直それなりな挑戦回数を覚悟していたんですけど、運よく1回で突破できてしまいました。眠りによるスカラ切れのときに、「まぶしいひかり」や「もうどくのきり」の無駄うちをしてくれたおかげです。3回くらいはありました。笑

【ヘルクラウダーにも結局さざなみにおうだち】
当初は、「マホカンタ+におうだち」では「しんくうは+打撃」で壊滅するなぁと思っていたのですが、「つきとばし」や(ふうじんのたて)によるベビークラウドの処理がどうにも追いつかず、「ラリホー」で悲惨なことになったため、仕方なく。「しんくうは+打撃」はツン!と言い張ることにしました。
これだと、もう1つの弊害としてベビークラウドの「バギマ」反射でベビークラウドを倒してしまうことがあるのですが、メルビンの経験値が少し増えるくらいなので許容しています。なるべく経験値を得ない方法で飛ばすようにはしていたのですが、2、3匹倒してしまったかと思います。
結局、「マホカンタ+におうだち」を組み込んでから1回目の挑戦で倒してしまいました。(ときのすな)を使っているので、リセットは実質0ですね。

【ガマデウスがやたら強かった】
対して警戒していなかったから適当に挑んだのもあったのですが、「やけつく息」でメルビン1人で戦っているときに麻痺したり、開幕でブレス3連発食らったりと、地味に3回ほどリセットをさせられました。いやー強かった、弱いんですけども。

【オルゴ・デミーラはしんぴのよろいが活躍】
さすがに、ここまでに手に入る戦力だけだと厳しいほか、そもそもこの時点で装備を揃えておかないとDisc2でネンガルに勝てないため、このタイミングで、再びラッキーパネルなどを相当がんばっています。
(ギガントアーマー)(まじんのかなづち)(みかがみのたて)(しあわせのぼうし)など強力な装備を多数入手したほか、景品から(しんぴのよろい)(メタルキングヘルム)(せかいじゅの葉)を取得しています。

また、(ちいさなメダル)を交換できないため、全体回復に対する回復手段が乏しいです。一応、(せかいじゅのしずく)を交換すれば無限に回復できますが、そもそも主人公は防御を解いたらブレスでもほぼ即死しますし、ガボも突進で死んでしまうため、悠長に雫を投げている暇はあまりありません。よって、(しんぴのよろい)をガボ以外の3人が装備することで、ずいぶん回復を賄うことができました。

長期戦で不安はありましたが、主人公とガボが基本的に壁、メルビンが回復、アイラが攻撃、と適当に戦っていたらすんなりと勝つことができました。なんだかんだ、結構ちょろいですね。

【最後の壁、ネンガル】
大会当日の調査時間中に、けったさんから「ネンガル強かっただろうなー」と煽られた記憶がありますが、ホントに強かったです。なんだかんだと、一番リセット回数が多いのはネンガルではないでしょうか。

最初は、主人公とマリベルが互い違いに(せかいじゅの葉)を投げ合い、アイラが攻撃、ガボは回復>防御、としていたのですが、想像通りに無慈悲なつるぎのまいで複数の死者がでて、お話になりませんでした。
さすがに、「つるぎのまいはツン!」といって押し切れるレベルではなさそうだったので、(ようせいのつるぎ)を投入。ガボに持たせて、アイラとガボを固めつつ戦うことにしました。
この結果、相変わらず主人公とマリベルは「つるぎのまい」ですぐ死ぬものの、アイラとガボは「つるぎのまい」が3回集中しても死なないくらいには固くなります。主人公とマリベルが同時に死んだところで、残り2人が硬いので、蘇生の暇は十分にあります。痛恨の一撃は、前で防御している2人以外にきたらツン!と言い張れば解決です。

正確な挑戦回数は覚えていませんが、戦略確定後に2ケタ行く前には勝てました。もっと苦戦するかと予想していたのですが、意外となんとかなるものです。

---

低レベル進行は、ここまでで終了。
これ以降は、データ作りのお話になります。仕込んだ内容やらその苦労やらを書いてくことになるのかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

襷カウンター
Ustream Cheaker


プロフィール

くねお

Author:くねお
詳細はHPの自己紹介を参照。
ちなみにTOPページはこちら
過去の日記はこちら
ついったーはこちら

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。