大会の振り返り

まずは、準備と大会当日の振り返りをしたいと思います。

<よかった点>
・問題の質、細かいこだわり

問題ネタについては、腹黒パンダさんの能力に依るところが殆どですが、ドラクエ3の特徴をうまく盛り込んだ、いい問題が揃ったんじゃないかと思いました。そもそも、問題考えてください、とお願いした次の日にはたたき台が出てきて、その次の日には5/6問の土台が確定したあたりは恐ろしい。
問題作成については、大筋を僕が担当し、ところどころSnさん、たらひろさんに助けていただきました、バランス調整だとかキャラクターの性格だとか名前ネタだとか、細部までずいぶんとこだわったように感じてます。2択のルートがある場合、どちらが早くなるように調整するか、とか。
今回は僕とパンダさんの趣味により名前ネタや性格など仕込みましたが、実際には結構な時間的負担になります。右弐さんが過去に触れられているように、名前なんかは無理して作り込む必要はないと提唱はしておきます。少なくとも、優先順位を上げる内容ではないです。ただ、問題を作ってみると、こういうところにこだわりたくはなるんですけどね。笑

・大会当日の会場準備、片付け、大会進行
実は、僕が大まかな進行をして、パンダさんが問題解説をする、くらいしか事前の打ち合わせで決めていませんでした。調査時間中の仕切りだったり、問題入れ替えだったり、問題中に来場があった場合のリーフレット配布だったりと、色々とやるべきことはあるのですが、関係者を信頼していたことと、もし必要であればそこは声かけをすればいいくらいに思っていました。
実際には声かけの必要は一切なく、Snさん、たらひろさんの適切かつ迅速な対応により、非常にスムーズに大会を進行することができました。会場側だけでなく、待合室側の様子も気にかけてくれていたようで、非常に心強かったです。
また、会場の準備や後片付けについても、皆様の積極的な協力に助けられました。特に、後片付けについては、来場された皆様にお手伝い頂いたおかげで、想定より30分ほど早く後片付けを完了することができました。ありがとうございました。

<反省点>
・情報発信の手段

今回は、ブログと僕のTwitterを併用していました。
特に、Twitterはリツイートによる情報拡散が強力なことは想定しており、実際のところかなり強力だったと感じています。だからこそ、ですが、専用のTwitterアカウントを作るべきでした。
僕のアカウントの方がフォロワーが多いので情報拡散しやすいかな、と思っていたのですが、僕の通常のツイートと混同して情報が埋もれてしまったように思います。そもそも、新たに興味を持つ人からすると、最新動向をチェックするためになんで僕をフォローしなければいけないのかという問題もありました。以前、腹黒パンダさんとドラクエ7の対戦RTAをしたときには別垢を作っていたので、それを活かせなかったのは頭が悪い。

・来場者数の予測、待合室の確保
当初のアンケートや、大会2週間前の来場者数把握のアンケートの段階で、会場の収容人数で十分に収まるかなと思っていたのですが、直前の3日くらいで予想来場者数が15人以上増えて割と焦りました。
そもそも、部屋に入れるレベルであれば立ち見でいいと思っていたのですが、消防法の関係で収容人数以上は部屋に入れないでほしい、ということを会場側に確認したのが大会前日というのは、完全に僕の考えが甘かったです。大会2日前の段階で、待合室確保の決断に迷わなかったことだけは、唯一良い判断でした。
予約をする段階で気づいたのですが、机を端に寄せている関係で来場者用の机がないため、お弁当などを持参された方が昼食をとる場所としても必須だったように思いました。

・アンケート回答用の筆記用具
会場の注意事項の裏面にアンケートを作っていたのですが、アンケートを書くための筆記用具を準備を忘れました。会場でなんとかする方法はあったとは思いますが、そもそも最初からWeb形式のフォームを準備する方が効率的な気はするので、最初からそっちでやります、くらいの告知をしていた方がよかったかな。

こんなところでしょうか。
反省点の2つ目は致命的になりかねなかったので、リカバリと運がよかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

襷カウンター
Ustream Cheaker


プロフィール

くねお

Author:くねお
詳細はHPの自己紹介を参照。
ちなみにTOPページはこちら
過去の日記はこちら
ついったーはこちら

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ