第2形態

【デスタムーア第二形態】
HP:3000,ランダム1~2回行動
A:突進 or 打撃 or スカラ or 大防御 or Bローテへ(突進の枠が2つ)
B:ルカナン or バイキルト → 回し蹴り or 疾風突き → 灼熱 or Aローテへ

ローテ移行時に行動回数がリセットされるので,4回行動まである.
また,Bローテ移行時に大防御が選択されていないけど大防御状態のことがある.
BからAに以降するときに限り,大防御が選択されてもこちらが先行すれば大防御を無視できる.

---

スクルトがない影響がもろに出る形態.
ドランゴのグラ槍,ハッサンと主人公のスカラで固めつつ,攻撃する感じ.

結局底辺時は魔人の金槌2本にしたけど,最近だとハッサンのとんかちを炎の爪に変更して葉を増やすべきか?とも思う.
というのは,主人公に持たせておいても,死者を減らすために防御を積極的にする方針をとるようになってから,使う機会が止めを刺すときくらいしかない.
それならばライデインで十分なので,ハッサンの倍正拳に期待しつつ炎の爪,でいい気がしてる.

意識しないといけないのは隊列かね.先頭のキャラが死んだ後,蘇生するときはちゃんと守備力の高い2番手を先頭に入れ替えてから蘇生する,とか.
Bローテをどこまで攻めるかはまだ考える余地がある.ある程度スカラを入れていかないと守備力が追い付かなくなるけれど,ここでダメージを全く稼げないというのも時間的につらい.
とはいえ,ひたすらルカナン絡みの2回行動で回られると,守りに入らないとどうしようもなくなるのは事実.
守備力的に崩されてからのAローテの打撃で壊滅,とかね.

灼熱ターンにどれくらい主人公を動かすのかってのが難しいところ.
即死しないHPであり,先制でゲントの杖で回復する余地のあるキャラがいるならば動かすべきかな,とは思う.
全員全快かつスカラもほぼ問題なければ防御すべき.
ルカナン開始ターンは,先頭キャラに注意しつつ2番目のキャラで攻撃行動をとりたい.

ってところかねぇ.
最終ターンにHP調整をどれくらいするかどうかはまた1つの問題.
丸の内さんなんかは調整せずに殴り倒すことが多いっぽい.もちろんある程度の状況は意識してるはずだと思うけども.
これはこれで変なことされて倒しちゃうと次が面倒なんだけど,1人死んでるとか1人が死にかけとかなら後行葉っぱで対応できるから一概に危ないとは言えない.
そもそも調整しようとしても,疾風突き,大防御,主人公後攻とかでいつまでたっても調整できずに崩される可能性もあるわけで,なんとも.
記録狙いならば,とにかくさっさと殴り倒すのが正解だとは思う.
ルカナン開始ターンでドランゴがため状態,とかだったらドランゴ単騎で殴っちゃえばいいのかな,と思う.

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

襷カウンター
Ustream Cheaker


プロフィール

くねお

Author:くねお
詳細はHPの自己紹介を参照。
ちなみにTOPページはこちら
過去の日記はこちら
ついったーはこちら

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ